URB-Eはアメリカでは自転車と同じ扱いになりますので自転車の交通ルールに従います。
必ず縦に一列になり走行して下さい。
バイクレーンがない道路は車道の右側通行です。また、アラワイ運河沿いとカラカウアストリートは一方通行なので、逆走しないように気を付けてください。
手信号が必要になります。ツアーされる前に説明させていただきます。また、ハワイの道はデコボコ道がほとんどです。できるだけ滑らかな道を選んで走行して下さい。デコボコ道を走りますとバランスを崩したりして怪我をしてしまったり、事故にあう恐れがあります。

ワイキキ方地区・ダウンタウン地区では歩道走行はできません。基本的に車道走行なのですが、ワイキキとダウンタウン以外では歩道の走行も許容されています。
また、一方通行の通りを反対側に向かって進みたい場合はURB-Eから降り電源を切って歩道を押して歩いてください。

ワイキキってどこからどこまで?
だいたいアラモアナショッピングセンター手間にあるアラワイ運河の橋(プリンスワイキキホテル近く)からカピオラニパークまでです。

バイクレーン(自転車専用レーン)がある場所は?
遠回りでもバイクレーンを利用した方が早く安全に走行できることが多いです。

・カラカウア通り
ダイヤモンドヘッド方面やカハラ方面に行く場合はクヒオ通りより景色も最高ですし安全でおすすめです。景色も最高ですしクヒオ通り程危なくありませんが、モアナサーフライダー付近は少し手前からいつも渋滞がありますので、十分に気を付けて下さい。

・アラワイ運河沿い
アラワイ運河沿いもバイククレーンがあります。アラモアナに向かう橋の手前は車の右折レーンとしてバイクレーンがなくなりますが、そこは歩道にあがって走るのが安全です。

・ダウンタウン
サウスキングストリートの市庁舎の裏を超えたところから遊歩道+バイクレーンがあります。その先はチャイナタウンまでバス専用道路がありますのでこちらを使うのがベストです。ロングスドラッグスや丸亀うどんのある目の前の通りです。ここなら一般車がほとんど入らないため、安心してチャイナタウンを抜けるまで車道を滑走できます。

・サウスキングストリート
このストリートは安全で快適です。左右どちらにも進めるレーンが整備されています。

・ダイヤモンドヘッド周辺・モンサラット通り
海側とダイアモンドヘッドの裏側にあたる通りとカピオラニ・コミュニティー・カレッジ側にもバイクレーンが整備されています。モンサラットのショップが並ぶ辺りは車の通りが多くくっきりとしたバイクレーンが途中でなくなるので気を付けてください。

・McCulley St/マッカリーストリート
マッカリーストリートは一方通行のアラワイ運河沿の道と交わる道です。一番最初にでてくる橋を右に曲がったワイキキの北側にあるストリートです。